top of page

​異文化コミュニケーション教育(幼児向け外国語プログラム)

国際社会をこれから生きていく子どもたちのために国際ネットワークを生かして創設した幼児向体験型外国語プログラムです。

​【目的】

  • 幼児期において、子どもたちに母国語以外の言葉に親しみを持たせ、それを通して彼らの国際性を養う。

  • 外国の人たち又は外国生活が長く文化の違いを知っている大人に親しみを持たせ、子どもたちにじかに接する機会を提供する。

  • 子どもたちの異文化体験への意欲と積極性を育む。

  • これらの体験の中から、自分達との文化の違いを知り、違うものを受け入れることが出来るようになることで平和教育へ導く。

​【プログラム】

  • 自己開発力を持つ子どもに与える文化的言語活動として正しい環境を作る。

  • 日常的な環境の中で一緒に生活する。

​【形式】

  • 日常の生活の中で、歌、ダンス、ロールプレイ、絵本、伝承遊び等を通して外国語や異文化に親しむ。

  • 外国人、又は外国の文化の中で長期間生活し、外国語を自由に使える人(バイリンガル)が、外国語で子どもたちと日常的に接する。自然の中でコミュニケーションをとる体験。

  • 日常会話(挨拶・単純なコミュニケーション・数・色・日常使っている物の名称などによる簡単なコミュニケーションの中で外国語を自由に発することが出来るよう導く。

​バイリンガル ドキュメンテーション

ダウンロード/印刷
​令和5年2月8日

ダウンロード/印刷
​令和5年2月07日

bottom of page