小規模保育園A型とは?

0-3歳未満児を対象とした、定員が19人の少人数で行う認可保育園です。
一人の保育スタッフが担当する子どもの数が少ないため手厚く子どもの発達に応じた質の高い保育を行うことができます。

小規模保育の法制化

2015年度より、子どもの保育、子育て支援を総合的に進める新しい仕組みの
一環として「子ども・子育て支援法」が施行されました。その中で小規模保育施設は「小規模認可保育所」となり国の認可事業として位置づけられました。待機児童解消の為の事業が進むと共に、少人数の手厚い保育で子どもたちの成長と発達をお手伝い出来るようになります。

小規模保育の良いところ

子どもの興味に沿った保育
決まったプログラムを実施するだけでなく、子どもたちの興味に応じ、
その日の活動を臨機応変に変更できます。

保護者の子育てにも寄り添う保育
子どもへ目がよく行き届くため、お家の方の不安も少なく済みます。 母乳育児の希望も応援します。

子どもの個性に合わせた保育
子どもの興味は一人一人違います。子どもの個性に寄り添います。