DSCN3485
DSCN3485

DSCN3485
DSCN3485

1/1

 ホーム > ちゃいるどはうす森のほいくえん > 園特徴

9199935B-6047-45B9-9D28-534CD894E6E6.jpg

●好きなこと●

・家族団らんで美味しいものを食べること

・園児のお母さんお父さんとのおはなし

・暖かい日

​・旅

 

●苦手なこと●

​・悩み続けること

●得意なこと●

・言葉を話し始める前の赤ちゃんとお話しすること

・教えない教育

​・子どもが自分で育つ力を発揮し、発達を遂げることができるよう一人一人が能動的に関われることができる環境を整備すること

●座右の銘●

まちがってもいいんです。

やってみよう!

 

●尊敬する人●

​マリア・モンテッソーリ博士

ちゃいるどはうす森のほいくえん

園長 根本華誉先生

●おうちの方へメッセージ●

子どもは成長の過程で様々な課題があります。歩けるようになったり、言葉を話すようになったり…

​できなかった事ができるようになる一つひとつの瞬間に立ち会い、子どもと共感できる喜びは何とも言えません。子ども達の成長を保育園の先生たちとお家の皆さんと一緒に喜び合い、子育てを楽しみましょう!

ちゃいるどはうす森のほいくえん

​園特徴

 日本の乳幼児教育の土台、保育所保育指針5つの領域『健康・環境・言語・人間関係・表現』が相互に関係し、子どもが自発的に環境に関わり合いながら成長発達を遂げていくことを理解し、園舎、園庭において教育的関連性と発達段階毎の動線を重視し、配置計画をしました。生後から子どもは自分の体を意思通りに動かす動きの獲得と日常生活に適応していくことが大きな目的になると考え、あえて少々困難な障害物や段差を設け、多様な運動経験ができるよう配慮しています。又、中心に職員室を置き、各保育室に最短距離で行くことができ、安全管理ができ、そこから放射線状に 保育室→専用小庭→園庭と繋げ、子どもに目が届く環境を作りました。

森2
森2

森2
森2

1/19